NEWS

大阪の不動産市況 2019年4月1日

不動産市況

新元号が「令和」と発表されました!
典拠は万葉集らしいです。日本らしく伝統を重んじていて嬉しいです。

3月22日に米国債の「逆イールド」が発生して以来マーケットの反応を注視しておりましたが、カナダや欧州にも影響が出てきておりますのでやがて日本の不動産市況にも何らかの影響があるものと考えて良いかもしれません。しかしグローバル金融市場は欧米中心の指標ですので関西における不動産市況がこれにどれ程の影響を受けるかは不明です。特に大阪の不動産市況はアジア勢投資家に因るものが大きいので独自の曲線を描いていくかもしれません。当社は顧客に対し常に情報の先取りをしていく必要がありますので今後も相対的にも絶対的にも対応できる視点をキープしていく所存でございます。